ケーナ吹きの旅日記
by hishi-k
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
コンサート情報
音楽
近況
日記
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2009年 02月
フォロー中のブログ
最新のコメント
菱本幸二メールアドレス
hishi-k@mx1.ttcn.ne.jp
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:日記( 4 )

今日は広島県福山市での公演でした!

12月7日(水)

クルス・デル・スールの全国ツアーも、あと10日ほどとなりました。
先週末は、暖かい沖縄を後にし九州入り。宮崎、鹿児島、熊本で公演し九州での公演も全て終え、今日は午前中、広島県福山市での小学校公演でした。
霜で真っ白になった景色に驚きながら、準備のため朝早く学校に着き体育館に入ると、まるで冷蔵庫のような冷え込み!
公演中は、聞いている子供達や先生方も寒くて大変だろうと思いながらも、一番可哀想だったのはメンバーのミカエラ。
冷え性の彼女は、袖の無い衣装で手がかじかんでボンボのバチがしっかり握れず、ハンドマイクもしっかり握れなくて落としそうだったとのこと。
それでも、公演の最後は皆で踊って身体が温まり、子供達の嬉しそうな笑顔が見れました!

by hishi-k | 2016-12-07 14:59 | 日記

9月13日北軽井沢パンカーラ・ライブ無事終了!

9月13日(土)北軽井沢のライブレストラン・パンカーラでのライブが、無事に終わりました。
今回は、パンカーラ開店10周年記念の特別ライブ。
パンカーラが開店した年からライブに出させていただいているので、自分としても感慨深いものがありました。
いつも演奏しているギターの木下尊惇さん、バイオリンのクラウディア・ゴサルベスとのトリオに、アルパ奏者の上松美香さんを加えた、編成も特別で、アンサンブルがとても心地よく、ライブでは本当に気持よく演奏できました。
お世話になった関係者の方々やライブに来ていただいた皆様には、心より感謝しています。

e0173614_1521313.jpg

by hishi-k | 2014-09-16 01:56 | 日記

2013年3月4日

2013年3月4日(月)
今日は、昨年10月から演奏やアレンジを手伝っている、アルパCDのミックスダウン2日目だった。
いい感じで仕上がっている。
完成まであと少し。
by hishi-k | 2013-03-05 00:35 | 日記

面白い経験

2012年4月5日(木)

生まれて初めて映画の撮影に参加。
といっても撮影されるのではなく、役者さんへのケーナ指導で。
映画は、新城卓監督、石原慎太郎原作・脚本で、「青木ケ原」という富士山の樹海に纏わる物語。

ケーナを指導した役者さんはお笑い芸人のゴリさん(ガレッジセール)で、ケーナが好きなバーのマスターという役。ケーナを吹くシーンがある。
10日ほど前にケーナの吹き方を撮ったビデオが資料として渡り、この日に初めて実際に指導したのだった。
この短期間ではどこまでできるか、ちょっと難しいのではないかと思ったのだが、生まれて初めてケーナを吹くと言っていたのに、音が出せて音階も吹けていたのには正直驚いた。
もちろん、音は途切れることもあるし綺麗な音ではないにしても、さすがだと思った。

実際には、ゴリさんが吹くのではなく、こちらがあらかじめ録音した音に合わせ彼が吹きまねをするのだが、撮影現場(忍野村)への移動中に一曲の指使いを教えなければいけない。
口の形を保つのに引きつって辛いと言いながら、すごく集中して覚えていた。

現場に着き(間近に見た雪を沢山被った富士山に感動した)、出番を待ち、いざ撮影。
ゴリさんは、撮影直前までは指を間違えたりしていたが、緊張する!と言いながら、本番はほぼ完璧にこなした。
実際に彼が吹いているように見える。
さすが!

映画の撮影は、とても興味深かった。
それぞれが、それぞれの仕事を淡々とこなし、手際よく撮影が進んだ。
あたりまえだが、撮影場所を変える度に照明などのセッティングを変え、実際に見ると、なるほどこれは時間がかかる作業だ、と改めて思った。
とても印象に残ったのが、撮影する時に監督が言う「よーい、はい!」という気迫のこもった声。
なるほど、この気合がこれだけの人を動かすのか・・・と一人で勝手に納得。
出来上がりが楽しみ!

とても面白い経験だった。
by hishi-k | 2012-04-06 12:48 | 日記